新着情報

事務局が小倉北区に戻ります。

3月21日(木)より、戸畑生涯学習センターから生涯学習総合センター(小倉北区)の事務所に戻ります。

よろしくお願いいたします。

(社)日本PTA第35回全国小・中学校PTA広報紙コンクール

第35回 全国小・中学校PTA広報紙コンクール実施要項

趣  旨  日本PTA全国協議会傘下の公立小・中学校で発行するPTA広報紙作品を広く募集し、優秀作品を表彰・公開することにより、PTA広報活動の活性化を促進し、PTA活動の一助となることを目的とする。

主  催   社団法人日本PTA全国協議会

協  賛   日本教育新聞社・教育家庭新聞社 (予定)

後  援   文部科学省(予定)

応募方法

平成24年4月から平成25年3月までに発行されたすべての号を1部送付する。

ただし、年間2回以上発行したものに限る。

現状の状態で、複製や装飾、補強のための表紙などは付けない。

作品審査   ①各地方協議会で第一次審査を行い、小学校6点以内中学校4点以内を選ぶこと。

②地方協議会で選ばれた作品を社団法人日本PTA全国協議会事務局に集め、第2次、第3次、第4次(最終審査)の3回の審査を行う。

発行回数は年間2回以上のこと。

審査基準   PTA広報紙のもつ目的・使命・記事・編集・レイアウト・見出し文章などを総合的に審査する。

審査委員   文部科学省、学識経験者、社団法人日本PTA全国協議会、日本教育新聞社、教育家庭新聞社(予定)

優秀作品の賞

文部科学大臣賞(最優秀賞・小/中学校各1点)社団法人日本PTA全国協議会会長賞、

日本教育新聞社社長賞、教育家庭新聞社社長賞、特別賞(レイアウト賞・写真賞・企画賞)、佳作

入賞の表彰

表彰式は、各ブロック研究大会に行う。

・入賞PTAは日本PTA機関紙及び日本教育新聞に掲載する。

その他   ・応募作品は返却しない。

・今年度も優秀広報紙を編集し、「平成25年度版優秀広報紙集」を発刊する予定。

 

1.締切日    平成25年4月12日(金)必着

2.送付先    北九州市PTA協議会

〒803-0811 小倉北区大門1-6-43

北九州市立生涯学習総合センター 2F

TEL 581―7268

※  メール便でも届きますが、5~6日かかりますのでご注意ください。

 

◆   詳細は実施要項をご参照ください。

◆   特別支援学校からもご応募ください。

◆   なお、ご不明な点は上記 北九州市PTA協議会事務局まで。

平成24年度 心のきずな61キャンペーン

震災により保護者を亡くした子どもたちへの就学支援
「書き損じハガキ」募集

平成24年度 心のきずな61キャンペーン

 

日頃よリPTA協議会の事業、運営にご理解、ご協力いただき感謝申し上げます。また、単位PTAの活動に対し敬意と感謝申し上げます。

さて、平成23年3月11日・東日本大震災発生から、2年を迎えます。しかし、復興への道のりはまだまだ厳しく、復興したと言うには程遠い状況です。被災地における子どもたちの環境も、健全な状況に戻すにはさらなる支援が必要です。

日本PTA全国協議会では、震災により保護者を亡くした子どもたちへの就学支援を行なうため、全国61協議会が心をひとつになり「心のきずな61キャンペーン」を展開しております。

東日本大震災で孤児・遺児となった子どもたちに、月額1万円の就学支援(15歳に達する学年の終了月まで)を行います。

北九州市PTA協議会では、子どもが持って来やすい「書き損じハガキ」を集め、支援金として送りたいと考えました。

ご家庭にある年賀状等の書き損じハガキを学校に持ってきていただきたくお願い申し上げます。

 

書き損じハガキとは 宛名・通信文が書いてあっても、消印のないものです。


『書き損じハガキ』募集の流れ

ご家庭 → 担任 → 単位PTA → 各区PTA連合会で取り纏め郵便局へ依頼し切手と交換

 

PTA協議会にて企業等に協力を依頼し換金 → 心のきずな61キャンペーンへ募金

○事業期間  平成25年3月1日(金)~3月19日(火)

 

○募集方法  プライバシーにかかわる情報等に配慮の上、学校へ(折り曲げ可)

上記、趣旨ご理解のうえ、ご協力お願い申し上げます。

 

 

ダウンロードはこちらから>>書き損じハガキ保護者用

 

 

 

ページトップへ